Home> 視力を落とさないための知識

視力を落とさないための知識 Archive

眼以外の部位の痛みも眼精疲労の特徴の一つ

2011/03/17 Category :視力を落とさないための知識 Off

眼精疲労など、誰にとっても「原因不明の病状」ほど気持ちの悪いものはありません。

激しく痛む頭と、ひどい肩こり、胃痛、吐き気…これだけのれっきとした症状があるのに「特に異常は認められません」とか「気にしすぎですよ」などと遮断されれば、何かとてつもなく悪い病気にとりつかれたのではないかとか、心の病なのではないかなどと考えてしまい、本当に神経まで冒されかねないのです。

ある患者のAさんはこの悩みを友人に打ち明け、その友人の紹介で眼科医院を訪れました。

週三回通って、二週間の治療で何とか日常生活が営めるまでに回復しました。

田中謹也の視力回復【アイ・トレーニング・コンプリートキット】

最初に兆候が現れてからなんと三ヵ月が過ぎていました。

Aさんはその後も週一回、治療に通ってきています。Aさんのひどい肩こり、頭痛、胃痛、腹痛といった眼以外の部位の痛みは眼精疲労の特徴の一つです。

普通の人は、そうした痛みと眼を結びつけて考えることはできません。