Home > うつ病対策の知識 > うつ病治療は休養と薬物療法が中心

うつ病治療は休養と薬物療法が中心

Posted on 2011/08/13 | うつ病治療は休養と薬物療法が中心 はコメントを受け付けていません。

薬による治療がよく効くのが、「メランコリー親和性性格」タイプのうつ病特徴です。ただし、再発しやすく、ほかのタイプに比べると、何度もくり返しやすい傾向があります。

うつ病治療は、休養と薬物療法が中心。治療の途中によくなったと判断して薬をやめてしまう人が多くいますが、再発の危険があるので、主治医の指示通り服用を続けることがとても大切です。

うつ病再発を防ぐには、精神療法により、うつ病を招く「考え方のパターン」を修正するのも効果があります。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】

休養は重要なうつ病のひとつですが、まじめな性格から休養に罪悪感を持ってしまうタイプの患者さんが多いため、仕事を休ませるのには苦労します。病気を治すために、「今は休むことが仕事だ」と説得すると、うまくいくことかあります。

 

Comments are closed.