Home > 生理と妊娠の知識 > 日常生活に支障をきたす生理痛を月経困難症

日常生活に支障をきたす生理痛を月経困難症

Posted on 2011/07/06 | 日常生活に支障をきたす生理痛を月経困難症 はコメントを受け付けていません。

痛みや、そのほかの体の不調があまりにひどい場合、「月経困難症」と呼ぶこともあります。ただこの言葉には「症」という字がついていますが、器質的な病気があるわけではなく、単純に「病気」とはいいきれません。

どこからどこまでが月経困難症で、どこからがふつうの生理痛なのか、線引きはむずかしいものです。

続木和子の【14日間集中!生理痛・子宮内膜症改善 通信講座】

しかしながら、痛さのあまり寝込んでしまったり、会社や学校を休まなければならないなど、日常生活に支障をきたすようなものであれば、月経困難症と呼んでいいと思います。

下腹部の痛みには子宮の形やホルモンの量だけでなく、メンタルな要素も大きく影響しているように思います。

とくに、クリニックに来られる患者さんで生理痛がひどい、と訴える方のなかには、生理をわずらわしいもの、いやなものだと思う意識が強い人が多いようです。

 

Comments are closed.