Home > 体を柔らかくする情報 > 腰痛改善柔軟ストレッチのコツは快いと感じる領域を広げていくこと

腰痛改善柔軟ストレッチのコツは快いと感じる領域を広げていくこと

Posted on 2011/06/05 | 腰痛改善柔軟ストレッチのコツは快いと感じる領域を広げていくこと はコメントを受け付けていません。

廃用性萎縮の原理といって、人間の身体は使わないと堅くなります。たとえば睡眠中はあまり身体を使わないので、翌朝、身体はギシギシと堅くなっているものです。

特に柔軟性は、繰り返し刺激を与えないと退化していきます。腰痛改善柔軟ストレッチは、毎日続けることによって、柔軟で質の高い筋を獲得できるのです。

たとえばウエイト・トレーニングでは、50kgのダンベルでトレーニングしていたものを、パワー・アップとともに55kg、60kgと重量を増やしてトレーニング強化をはかります。いつも同じレベルのトレーニングを繰り返すだけでは、機能の向上は望めないからです。

歳をとるとともに体力は下降するのですから、現在のレベルを維持するのにも、常に今よりもプラスアルファのレベルを上げていくことが必要です。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD

腰痛改善柔軟ストレッチの場合は、トレーニングの時間を少しずつ長めにしたり、回数を増やすことで快いと感じる領域を維持し、そして広げていくことができます。

 

Comments are closed.