Home > バストアップの知識 > バストアップに関わる女性ホルモンであるエストロゲンの浸透ぶり

バストアップに関わる女性ホルモンであるエストロゲンの浸透ぶり

Posted on 2011/05/26 | バストアップに関わる女性ホルモンであるエストロゲンの浸透ぶり はコメントを受け付けていません。

バストアップに関わる女性ホルモンである、エストロゲンの浸透ぶりについてわかっているのは次のようなことです。

エストロゲンをつくるにはアロマターゼという酵素が必要で、組織は前駆体ホルモンをアロマターゼでエストロゲンに変換します。その前駆体はテストステロンかもしれないです。

そう、テストステロンは「男性」ホルモンですが、女性はこのホルモンを卵巣や副腎のほか、たぶん子宮や脳などでもつくっています。

大澤美樹の【バストアップラボ】

あるいは別のアンドロゲン、たとえば、アンドロステンジオンが前駆体になるかもしれないです。アンドロステンジオンについては、科学的知識を深める価値があります。このホルモンはバストアップに関わる女性の攻撃性や怒りを増幅しないとも限らないのです。

しかし、ここでは卵巣や副腎がアンドロステンジオンを生成し、アンドロステンジオンはアロマターゼの媒介でエストロゲンというほろ苦いリキュールに変わるとだけ言っておこう。

 

Comments are closed.