Home > 株式投資とFXなど金融投資の知識 > 通貨を交換する取引を「FX外国為替取引」と呼びます

通貨を交換する取引を「FX外国為替取引」と呼びます

Posted on 2011/03/17 | 通貨を交換する取引を「FX外国為替取引」と呼びます はコメントを受け付けていません。

円をドルに換えるなど、通貨を交換する取引を「FX外国為替取引」といい、銀行などの金融機関は「外国為替市場」で取引を行っています。

外国為替市場には証券会社や保険会社なども参加していますが、銀行による取引が圧倒的に多いので「インターバンク市場(銀行間取引市場)」とも呼ばれています。

株取引が行われる東京証券取引所などのように、「FX外国為替市場」と看板を掲げたビルがどこかにあるわけではありません。

外国為替市場は、銀行の担当者たちが専用端末や電話を使って通貨を売り買いするバーチャルな(目に見えない)市場。それらでつながったネットワークを総称してFX外国為替市場と呼んでいます。

イサムのFX【ゴールデンスパイダーバイナリー】

アジア諸国は日本の経済発展をお手本に、高度成長を続けていました。

日本で金融不安が起きるまでは、FXは円高で推移し、アジア諸国はこの円高の陰にかくれて輸出を伸ばし、外貨を稼いでいたのです。

つまり、円高は日本の国際競争力をそぎ、その間隙をアジア諸国が狙って成長していったのです。

Comments are closed.