Home > 糖尿病・高血圧にならない生活情報 > 糖尿病も含め高血圧症状は怖いですが薬で下げるのは解決にならず

糖尿病も含め高血圧症状は怖いですが薬で下げるのは解決にならず

Posted on 2012/05/23 | 糖尿病も含め高血圧症状は怖いですが薬で下げるのは解決にならず はコメントを受け付けていません。

糖尿病も含め、高血圧の症状は怖いですが、薬で下げるのは解決になりません。

肥満によって遊離脂肪酸が増えて高脂血症(高中性脂肪、低HDL血症、高LDL血症)が進み、そこに高血圧が加わるとマルチプルリスクファクター症候群(またはメタボリックシンドローム)と呼ばれる病態をつくりあげます。高血圧を下げる薬では意味がないのです。

現在糖尿病でなくとも、これらの糖尿病 症状を三つ以上持っている人は、持たない人よりも糖尿病になる危険性が9倍も高いとされています。

高血圧 症状は本当に恐ろしいものです。

高血圧の症状で、手の指に痛みをかかえる患者さんの多くは、冷え症と高血圧を合わせ持っているようです。

手足の血管が広がれば血流がよくなり血圧が下がるからです。こうした血行不良を要因とした高血圧、冷え症、手指の痛みに効果的なのが、「寝たまま手足グーパー運動」です。これは、あおむけに寝たままの状態で、両手足を結んだり開いたりして動かす体操です。

手や足の指先は、心臓からいちばん遠いところにあるため、血液が滞りやすいのです。その手足を結んだり開いたりポンプのように動かしてやると、血のめぐりがよくなります。痛みのもととなる疲労物質や老廃物がうまく排出されるため、症状が軽くなるというわけです。

もちろん、この体操をすることによって、あたたかい血液が全身をくまなく流れるようになるわけですから、冷え症も改善されてきます。

指先に痛みを感じ、寝たまま手足グーパーをはじめたのですが、驚いたことに、指先の痛みがなくなったばかりか、いつのまにか血圧まで下がっていました。高いときで200近くもあった上の血圧が、なんと140まで下がっていたのです。

Comments are closed.