Home > 痩せるためのダイエット知識 > ダイエットができない肥満者に対する社会の態度

ダイエットができない肥満者に対する社会の態度

Posted on 2011/03/16 | ダイエットができない肥満者に対する社会の態度 はコメントを受け付けていません。

現在みられるような、ダイエットができない肥満者に対する偏見は、それほど長い歴史をもつものではないです。

肥満者に対する社会の態度は、これまでに何度も変化してきました。

一般に、食糧が豊かでない時代や地域では、肥満であることは、富と繁栄のしるしであるととらえられました。そして、太った人々は、隣人から羨望の目で見られてきたのです。

一方、食糧が豊富に手に入るようになった現在、時代の流れは、ダイエットをしてスリムであることを好ましいとするようになりました。

宮本千寿子のダイエット法【トータルビューティーワーク】

道徳観によって、たくさん食べることが裁かれた時代がありました。キリスト教を背景とした道徳律・倫理体系が大きな影響力をもっていた、中世ヨーロッパです。当時、肥満は、「大食」と区別されていたようです。

Comments are closed.